oshushichangのブログ

プログラマになるため、勉強した内容を日報として家庭用esaに記録し、旦那からFBを貰っている日々を綴っています。

DokerでDebianはじめました

はじめに

冷やし中華はじm…フィヨルドブートキャンプでDebian をインストールすることになったので、夫からよく聞くクジラさん(Docker)で環境を作ってみることにしました。

それではインストール!

brew で cask をインストール

  1. まず brewbrew tap caskroom/caskcask をインストール
  2. 参考 - Homebrew Caskで楽々インストール | 株式会社 エヴォワークス -EVOWORX-

Docker のインストール

  1. cask を使って Docker をインストール
  2. brew cask install docker でおわり。
  3. くじらのアイコンめっちゃかわいい!!!

Debian をインストール

  1. Docker を起動する。Docker is running になってホッ

  2. Debian イメージをダウンロード

  3. docker pull debianで簡単に Debian が入っていく...

Debian を起動する

はじめて

docker run -it debianで起動!

以降

はじめてで起動したコンテナと同じものを起動する前提で進めていきます。

コンテナの確認

docker ps -a で前回作成したコンテナIDを確認する - docker ps : いま起動しているコンテナを確認できる - docker ps -a : -aオプションをつけることで停止しているコンテナも確認できる

終了しているコンテナを起動する

docker start {CONTAINER ID}

指定したコンテナに入る

docker attach {CONTAINER ID}

コンテナを指定せずに始めると、新しいコンテナが作られるので、一般ユーザの情報やインストールした情報等、全て消えます。消えました。とりあえず勉強をすすめていく中ではひとつのコンテナを利用することが多いと思うので注意が必要、その為の忘備録としてこのブログを書きました。

コンテナから抜ける

^p^qこれで抜ける(dettachというらしいが、よだれ垂らしてる人にしか見えない)

dettachするとコンテナを起動したまま抜けることができる(exitとは意味が違う) docker stopexitはおなじ

おわり

自身の反省を生かした忘備録でした。こうやってまとめていくことで、改めて自分はwebエンジニア目指してるんだなあ〜と痛感した。がんばります。